大地の恵み大谷石。石材のクリエィテブチームが制作、創作する内装材、外装材をあなたへ・・・
〒321-0345
栃木県宇都宮市大谷町1196番地2
TEL:028-652-5171
FAX:028-652-1851

大谷石とは

 大谷石は栃木県宇都宮市大谷地区で、生産される緑色擬灰岩で古くから日常生活に用い られ、火に強いことから煮炊きをする、かまどをはじめ建物の土台石、敷石、土留め、蔵、倉庫などの積み石に使用される一方、火災から守るため、屋根石(石 瓦)や、板蔵の貼り石として、外装、内装の建築用材ほか、様々な形で使用されてきましたが、一躍大谷石を全国に広める大きな役割を果たしたのは、なんと いっても大正時代に建造された、旧帝国ホテルです。このホテルは後の関東大震災にも焼け残り、その優美さは設計者 フランク・ロイド・ライト氏の傑作とい われました。使用された大谷石とスクラッチ練瓦とテラコッタと大谷石の彫刻の絶妙な組み合わせは,大谷石の特徴である素朴で柔らかく温かみのある質感が遺 憾なく発揮され、ブームとなりました。特に昭和初期 教会堂建築などに数多く用いられ宇都宮市内にある国登録有形文化財、設計者 マックス・ヒンデル氏の カトリック松が峰教会や設計者 上林敬吉氏の日本聖公会宇都宮聖ヨハネ教会、等は大谷石建造物の代表作であります。自然石として大谷石の魅力は柔らかくて 加工しやすく、熱を通しにくく耐久性に優れ、控えめな地色は素朴で温かみさえ感じさせる、独特の風合いを持った石です。

大谷石をもちいた代表的建造物

 大正時代に建造された、旧帝国ホテルです。このホテルは愛知県犬山市の明治村に移築復元され、大谷石使用の「象徴」とされています。  カトリック松が峰教会1932年設計者 マックス・ヒンデル氏の双搭を配したロマネスク様式の均整のとれた美しい大谷石建造物です。

大谷石の構成鉱物と定量費(単位%)/化学成分

大谷石の構成鉱物と定量費(単位%)

(大谷石材協同組合資料による)
鉱物 鉱物量比 鉱物群量比
結晶片群 石  英 7.3 12.7
長石類 4.9
黒雲母 0.2
普通 輝石 0.2
不透明鉱物 0.1
マトリックス
(軽石部分)
ガラス 25.9 84.6(モンモリロナイト)
(粘土鉱物)
微細 粘土 33.4
ゼオライト 25.3
塊状 粘土   2.7  
有効空隙率   37.0  

化学成分

(東大地震学研究室 近藤先生)
成    分 割    合
珪        酸 66.96%
第 二 酸 化 鉄 1.85%
酸化アルミニュウム 12.55%
酸 化 マンガン 0.06%
石        灰 1.92%
酸化マグネシュウム 0.47%
カ        リ 2.35%
ソ   ー   ダ 2.87%
加熱減量( 水分 ) 11.02%

※大谷石の比重は、石質によるが約1.7です。

大谷石の持つゼオライト

大谷石の持つゼオライトのチカラが、心地よさと健康をお届けします。

 ゼオライトは、スポンジ状の小さな穴を持つ鉱石です。多数のマイナスイオンと強い遠赤外線を放出、癒しや熟成の効果を発揮します。また、その多孔質構造によりガスや水を吸着する特性もあり、シックハウス症候群の防止や消臭にも有効です。カルシウム、マグネシウム、鉄、ナトリウム、カリウムなど、種々のミネラルを含み、利用価値が高く、これからますます活躍のシーンが増えることでしょう。

マイナスイオンによる癒し効果

癒し効果が高く、リラックスできる良質な空間を演出します。

 大量のマイナスイオンを発生します。細胞の活性化や免疫強化、自律神経の調整、精神安定、空気の清浄化など有効作用があり、リラックス空間を創ることができます。心身共にリラックス状態にある時にあらわれるα波を観察し検証すると、α波が充分に観測され、癒し効果が実証されました。

遠赤外線による熟成効果

味噌、漬け物、チーズ、ワイン、日本酒、おいしく仕上げます。

 ミネラルを含むゼオライト成分を有している大谷石は、図のとおり、電磁波の一種である遠赤外線を放出しています。それにより食品の中の水分子が共鳴振動を起こし、クラスター破壊され、活性化。腐敗の進行やカビの発生を抑制し、鮮度を保ちながら熟成を進ませることができ、数時間で「塩なれ」を仕上げるとともに、日持ちも良くなります。大谷石の地下空間で熟成された生ハムは、人為的に創られた施設での熟成に比べ、肉の旨味成分である遊離グルタミン酸が多く検出されたという実験結果が出ています。


吸音による音響効果

ジャズ、クラシック、コーラス、オペラ、素敵に響かせます。

 平均吸音率を測定することにより求められる残響時間から、その環境に適した音楽を分類することができます。大谷石は、コンクリートやガラスに比べ高い吸音率を有しています。その、暖かみのある風合いを活かしたうえで、空間形状や設計との連係により演奏や音楽の種類に合った、優れた音響空間を演出することが可能です。