大地の恵み大谷石。石材のクリエィテブチームが制作、創作する内装材、外装材をあなたへ・・・
〒321-0345
栃木県宇都宮市大谷町1196番地2
TEL:028-652-5171
FAX:028-652-1851

利便性と装飾性を兼ね備えた大谷石について

日常生活に新たな空気を取り入れませんか大谷石は年々数多くの施設や製品に利用され始めていて、利便性や装飾性が高い石として有名となっています。大谷石はまずその利便性から数多くの工芸品や建材など、現在私たちの身近な身の回りのモノに多く取り入れられています。火への耐久性にとても優れており、他の石材よりも比較的重くなく、加工のしやすい軟らかい石質になっています。大谷石の工芸品は非日常的な雰囲気を私たちの日常に作り出してくれます。また、多くのマイナスイオンを放つ大谷石は私たちの疲れを癒し、よりリラックスできる空間を演出します。これらの利便性から、大正時代に建設された旧帝国ホテルや1932年に建設されたロマネスク様式の双搭などに大谷石が用いられています。現在の私たちの生活でも大谷石は豊富な加工方法から、個人のニーズに合ったアンティークからモダンな様式まで様々なバリエーションの大谷石製品が作られているのです。

大谷石は様々な場面で重宝されています大谷石は装飾性の高さも兼ね備えていて、インテリアからエクステリアまで柔らかく素朴で温かみのある質感がとても好まれて使用されています。施設例として住宅の新築やリフォームだけでなく、レストランなどの店舗やホテルにも使用されています。暖か味のある風合いのほかに、オシャレで高級感が出せるという魅力を兼ね備えている大谷石は大変重宝され、広く使われるようになりました。多彩なデザインバリエーションを豊富な加工方法から作りだすことができる大谷石は、心地よさや癒しの効果だけでなく、和洋を問わず様々なニーズに応じて装飾することが可能です。大谷石は江戸時代から建築資材として一部のニーズを満たす便利な建築資材として使われ始め、やがて年数が経つにつれて広く現在の私たちの生活に組み入れられてきました。癒しや熟成の効果を発揮するゼオライトを含むこの自然石は、インテリアやエクステリアのデザインだけでなく、私たちの身近な内装まで普及し、とても注目されています。